商品

Kindleブック出版

ウェブ関連を中心にKindleブックを出版しています。

Responsive Web Design(レスポンシブウェブデザイン) / HTML5によるホームページ制作

PC、スマートフォン、タブレットをひとつのHTMLソースから作り、各ディバイスごとにスタイルシートを変更することで、レイアウトを変えていきます。この利点は、元の情報がひとつであるために、スマートフォン、タブレットとディバイスが増えているにも関わらず、いままで通り、更新作業も一度で済むということになります。

Responsive Web Design特有の考え方

  • モバイルファースト
    スマートフォン、タブレットのページを優先的に考えていきます。そのため、もしリニューアルをお考えの場合は、スマートフォン、タブレットで見辛くなるものに関しては、原稿や画像の変更、それにともなってページ構成の変更が必要になる場合があります。
  • リキッドレイアウト
    いままでのホームページの殆どは固定幅で制作されています。しかし、Responsive Web Design(レスポンシブウェブデザイン)は、様々な画面サイズのスマートフォンやタブレットに対応するため、可変幅を採用します。そのため、デザインカンプは制作せず、直接コーディングしていく場合があります。
ご注意
  • 可変幅のため、紙媒体のように、文字や画像の位置は、一定の場所に正確に固定されません。
ご注意:デモをご覧頂くにあたって
  • パソコンでご覧ください。
    スマートフォン、タブレットでご覧になると、そのディバイスに最適化されたレイアウトになってしまいます。
  • Internet Explorer以外のブラウザ(Chrome、Safari、FireFox等)で、ご覧ください
    Internet Explorerは、スマートフォン、タブレットに対応しておりません。
  • 手動で、ブラウザの幅を変えることでも、レイアウトの変化をご覧頂けます。

デモをご覧ください

作業スケジュール

Responsive Web Design(レスポンシブウェブデザイン)は、いままでと発想の転換が必要になります。そのため制作工程は、いままでのウェブ制作と変わる場合があります。
  • お問合せ
  • ヒアリング
  • お見積もり
  • ご契約・着手金納付
  • 原稿・画像等の素材をご提供頂く
  • ドメイン・サーバをご用意頂く(代行する場合は代行費が発生します)
  • ワイヤーフレーム作成
  • デザインカンプ作成(ワイヤーフレームで代用する場合があります)
  • コーディング・デザイン制作
  • 確認・修正
  • 納品

WordPressによるCMS構築

漸くCMSとして実用的で安価に利用できるシステムが現れてくれました。以前は、MovableTypeやXoopsで構築していましたが、お客さまにとっても制作側にとっても、実は使いやすいものではありませんでした。予算があるようでしたら日立のHeartCoreでも良いですが、コストパフォーマンスを考えたらWordPress以外がベストと思います。

スマートフォン対応WordPress

jQeryMobileによるスマートフォンページ構築

スマートフォンのサイトを比較的に短期間で構築することが可能です。しかし、PCサイトも同時に作れるわけではありませんので、現状PCサイトをお持ちで、追加でスマートフォンサイトを構築する場合に向いています。そのため運用管理は、PCサイトと別途に必要になります。管理の手間を省く為には、全体のリニューアルを行ってレスポンシブWeb化をお勧めします。

Webディレクション・Webプロデュース

  • ビジネスモデルからWeb企画・立案もご協力させて頂きます。ご相談ください。

その他の疑問点は、FAQへ

Copyright © YellowMagnet.Com All Rights Reserved.